会社情報

「安全安心」「おいしい」「低価格」な商品づくりを通じて
人の健康に貢献する山本漢方製薬の7つのコダワリ。

コダワリその❶
【世界中の生産地に足を運びます】
山本漢方製薬では、漢方原料に適した気候、土壌条件をクリアする畑を求めて、ペルー、イタリア、インド、中国などの国々に、社員自ら足を運んで選定しています。その理由は当社商品には添加物を使わないコダワリがあるから。無添加にこだわらなければ、添加物で味や品質を調整することもできるでしょう。しかし、私たちが作っているのは、お客様の健康に関わる商品ですから、無添加の安全でおいしい商品づくりに工夫を凝らしています。もちろん、国内を生産地とする選択肢もありますが、同様の品質でも高コストになる傾向が強いため、国産に限らず世界中の生産地に視線を注いでいます

コダワリその❷
【自社工場での一貫製造】
一部の工程を外部委託することで、コスト削減もできるでしょう。しかし、確かな安全性と品質の高さを確保するために、自社工場で一貫製造体制を取ることで、原料調達から製造、パッケージング、品質管理まで、お客様に責任を持った製品を作っています。

コダワリその❸
【毎月1種リリースが目標の商品開発会議】
当社の商品開発会議は、社長をはじめ各部署の選抜メンバーを集めて毎日のように開かれています。「お客様の生活にいち早く届ける」ために、各メンバーの意見やアイデアを共有し、原材料の配合や製造方法を試行錯誤。厳しい開発シーンを想像されるかもしれませんが、毎朝、さまざまな試作品を飲み比べながら「コレおいしいね」「少し苦いから作る条件を変えてみようよ」などと話し合う、ワイワイがやがやした雰囲気の中で進めています。

コダワリその❹
【全方位にアンテナを張った「ニッチトップ」にコダワリ】
誰もが思いつくようなアイデアでは、すでに市場は大手メーカー群の商品で溢れています。そのため山本漢方製薬では、無理にブームを追いかけず、世の中が必要としている商品を届けることを大切にしています。例えば、子どもの眼精疲労を和らげる当社商品に「キッズ・アイ・チュアブル」があります。少子高齢化の時代の中、目が悪い子どもに限ってしまえば、マーケットはとても小さいものです。それでも、こうした商品を必要としている親御さんの気持ちや子どもの将来を思えば、一度作ってみようと考えるのが当社のモットーです。実はこれ、「こんな商品があるのは助かりますよねー」とテレビ番組に取り上げられ、思わぬヒット商品に。その他にも、結石を取り除くための漢方や授乳を助けるための漢方など、全方位のニーズにアンテナを張った、ニッチな商品づくりにコダワリです。

コダワリその❺
【小ちゃいチームとスピード感】
商品開発会議だけではありません。山本漢方製薬には部署や役職の垣根を越えた「小っちゃいチーム」と呼ばれる特殊チームが10数個あります。例えば、当社のSNSを管理する「SNSチーム」は営業部・製造部の若手社員と大ベテランを交えた3人で、どんな人に向けて何を発信したらいいかなと定期的にミーティングをしています。「改善チーム」では、製造工程や業務の流れを見直し、日々の課題を解決するアイデアに知恵を絞り合っています。こうしたタテ・ヨコの柔軟な繋がりを強くして、本業の連携スピードを上げることもひそかな狙いです。みな、自分の担当部署の仕事と掛け持ちで、時間を作って議論を重ねており、名刺には書かれない肩書きをみんなが持っています。

コダワリその❻
【従業員同士の距離感が近い!】
お揃いのユニフォーム(夏はポロシャツ)。パート社員も含めた全社員が利用する食堂。休憩時にふるまわれる人気商品の青汁。好業績の時には2年連続でハワイに行った社員旅行。終業時間になるとみんなで名古屋ドームに駆けつけ野球観戦など、社員同士の距離がやたら近いと感じる「ローカル社風」がささやかなジマンです。その他にも、休日に社員が子どもを連れて遊べるように、会社の敷地で誰でも利用できるセグウェイを導入するなど、社員同士の距離が縮まる職場づくりにもこだわっています。

コダワリその❼
【事業拡大、株式上場にはこだわらない】
山本漢方製薬は人々の健康のために働く会社です。上場すれば社会的信用があがり、会社も大きくなると考える方もいますが、私たちは単純な事業拡大にはこだわっていません。日常的に商品を愛用してくださっているお客様に、安定して製品を供給することが使命ですから、100年、200年と、「安全安心」で「おいしい」、「低価格」な商品の提供にこだわり続けます。

会社概要

名称 山本漢方製薬株式会社
設立 1977年2月
資本金 5000万円
代表者 山本 整(yamamoto sei)
従業員数 95名(男35名・女60名[パート、アルバイトを含む]
本社所在地 愛知県小牧市多気東町157番地
代表電話 0568-77-2211
企業WEBサイト http://www.kanpo-yamamoto.com/
事業内容 次の物品の製造販売、並びにここに要する原料の生産、輸入及び、
研究開発に関する必要な事業
(1)医薬品 (2)生薬品及び天然植物 (3)食料品、日用雑貨
事業所 【東京営業所】
東京都墨田区緑3丁目17-1 山本漢方製薬ビル
【大阪営業所】
大阪府枚方市伊加賀西町52-1 アルフレッサ内
【仙台連絡所】
宮城県仙台市泉区泉中央1-28-22 アルフレッサ内
【福岡連絡所】
福岡県福岡市東区松田2丁目9-16 アルフレッサ内